初心者へ。バラの育て方ーバラの庭づくりーバラの病気と害虫





病害虫を見つけたら

 基本的には病気の葉や枝をできるだけ取り除き、落葉もそのままにしないですぐ始末します。
そして病気に応じた消毒を株全体に行います。
害虫に葉を食べられている場合は変形した葉は全て取り除く。
変形したり変色した葉は元に戻りません。
こうすることで病気の再発を防ぎ、また再発した場合でも発見が容易くなります。

 「バラは消毒が大変」とよく耳にします。
しかし、早期発見早期治療を心がければ問題ありません。
 早期に発見し、まだまだ症状が軽いうちに病気の個所や害虫を取り除きましょう。
そうすれば面倒な消毒などするまでもないことも多いです。
出来れば水やりを行う前に1日最低1回数分だけでも、バラをじっくり観察してあげてください。
病害虫がついてないか確認することもバラを育てる大きな楽しみの1つです。
 病害虫の心配は1年中あるのではありません。高温多湿の6月〜10月までの4ヶ月間が最も気をつけなければいけない時期です。


消毒を少なくするコツ(予防法)!
1 毎日観察し、早期発見する。
2 マルチング(下記参照)をする。
3 肥料や日当たり、風通しをよくして強健な株に育てる。
 消毒は病気や害虫に応じて行います。消毒は必ず取扱説明書をよく読んで行って下さい。
 散布時・殺虫剤をまく時は、長袖長ズボン、めがね、手袋を忘れずに!



 ナチュラルガーデン...
決して野放しでできたお庭をナチュラルガーデニングと言うわけではありません。
無理して造ったわけではなく、人々が日々の生活をしている間に、時の流れとともにできた情景、どこかの国の特別ではない風景を連想させるお庭をめざして、こだわりのガーデニンググッズ、植物をさがしてみましょう。。。


 ナチュラルガーデニングカタログ
基本のガーデニング資材・グッズ,花を引き立てるグッズ、花を育てる・守るために必要な資材などなど...
ガーデニングを楽しむ雑貨や,お庭づくりに必要なアイテムが大集合です!

ガーデニング資材・グッズカタログ
お気に入りのお庭づくりにするために...
草花や庭木、花木、果樹のほとんどがここでチェックできます。


 草花・樹木カタログ
  庭木や生垣など、大切に育てたい木々が主役のお庭づくりの情報が満載のページです。
シンボルツリーにお勧めする木、生垣や目隠しにお勧めする木、グランドカバーにお勧めの木などなど...
その他、庭づくりにかかせない資材などを紹介しています。


 木が主役のお庭づくり

楽天市場
花・ガーデン・DIYジャンルトップで探す

Menu




バラの入門
バラは生き物
バラは難しくない!
気軽に育ててみよう!
バラの日当り
初心者向けのバラリスト*アイボリー/クリーム/オレンジ/ピンク系
初心者向けのバラリスト*ピンク系
初心者向けのバラリスト*ピンク系.2
初心者向けのバラリスト*ピンク系.3

バラの種類
バラの花色
バラの香り
バラの樹形/ブッシュ(木立性)
バラの樹形/つる性
バラの樹形/シュラブ(木立ち性、半つる性)
バラの花形/咲き方

バラの植え方
鉢植えの場合のバラの植え方
鉢植えの場合の育て方
鉢植えに向くバラの品種
地植えの場合のバラの植え方
新苗を植えるときの注意点
庭植えの植え場所について

バラの育て方
バラを育てる基本
水やりについて
肥料について
バラの花ガラ摘み

剪定
バラを剪定する理由
バラの剪定-夏剪定
バラの剪定-冬剪定
つるバラの誘引


バラの病気と害虫
*主な病気と対処法*
黒点病(6〜7月、9月)
うどんこ病(4〜6月、9〜11月)
べと病(4〜6月、9〜10月)
キャンカー
灰色かび病(梅雨、秋)
さび病

*主な害虫と対処法*
アブラムシ(早春〜初夏、秋)
ハダニ(5〜11月)
チュウレンバチの幼虫(5〜10月)
カミキリムシ(6〜8月)
コガネムシ/甲虫類(夏)
カイガラムシ類
スリップス(6月〜11月)

*環境にやさしい消毒液のすすめ・・
木酢液
忌避液
 ・アグリクール
 ・ヘキロスプレー

Pick up